スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名人戦・王位戦!~勝負の分かれ目~

カンのことならたなカンにおまかせ!
mjktのカン担当二期生のたなカンです!



・・さて
タイトル通り
王位戦名人戦の報告をしていきたいとおもいます!

まずは王位戦
優勝予想上位に位置した人たちが足切りになるという波乱の王位戦予選をみごと2位通過したきれい氏にインタビューしてきました!!

以下インタビュー

たなカン「王位戦2位通過おめでとうございます!感想をおきかせください!」
きれい「これが愉悦というものか、、」


とまあFate ネタはおいておいて

本当のインタビュー

たなカン「王位戦2位通過の感想をおきかせください!」
きれい「かなりツイているなといった感じです。」

謙遜がうまいですね!

たなカン「それでは印象にのこった対局はありますか?」
きれい「 大三元をアガった局ですね。なんとなく、あの辺りから流れ( )がよくなったように感じました。」


そうですね
きれい氏は大三元を王位戦予選1位のkatuさんから出あがりました!
NAGAREはよくなりそうですね!

たなカン「勝因はなんだとおもいますか?」
きれい「やっぱり運がよかったと思います。」

運も実力です!

たなカン「今後の抱負をおきかせください!」
きれい「予選が終わっていい位置につくことが出来たので、こうなれば行けるところまで行きたいです。この大会を通じて、少しでも他の二期生に追いつけたらいいなと思っています。」


たなカン「では最後にライバルをおしえてください!」
きれい「自分より実力の劣る相手はいないと思っているので、参加者全員がライバルです。強いてあげるとすれば、予選で全く歯が立たなかったkatuさんには一矢報いたいなと思います。」

謙虚ですね~
ぜひがんばってほしいです!


次は
名人戦
残念ながら足切りになってしまったアレンさんにインタビューしてきました!


たなカン「どうも、残念ながら足切りになってしまいました・・・ご感想は?」



アレンさん「うんち
  

冗談です
アレンさんごめんなさい

本当のインタビュー
たなカン「残念ながら足切りになってしまいました・・・ ご感想は?」

アレンさん「優勝候補と言われた期待に全く答えられなかったことと、

最後の最後の足切り争いに勝ちきれなかったことがとても悔しいです。」


足切り争いの戦いはとても熱い戦いで見ごたえがありました!

たなカン「印象にのこった対局と敗因はなんだとおもいますか?」

アレンさん「足切りが決まる24ハンチャン目、せんしゅとの直接対決に勝てば足切り回避が確定し、89ポイント差をつけてリードしていました。トップラスの上に数万点差が必要な先行です。トンパツ、おくひろが端牌のチーを入れ、自分はアシストと思い東を切ると親のせんしゅがポン。直対相手の早い親落ちと親かぶりを狙ったつもりが数巡後、4000オールを引かれ最悪の並びです。次局待ち取りを裏目り、上がれた牌でめきろに8000の放銃でラス落ち。必死に挽回を目指しましたがそのまま終局まで順位は変わらず、大逆転。どちらかで打牌が違えば結果が変わっていただけに、後悔がのこります。


余談になりますが二巡目に親リーを掛けたら同順に追っかけが二軒入り、次順8000を振り込んでいたこともありました。つかん。」


つかないですね~
アレンさんもせんしゅさんもどちらが足切りになっても残念なくらい強いお二人ですが今回は運がなかったアレンさんが足切りになってしまいました。
つかん・・

たなカン「それでは今後の抱負を教えてください!」

アレンさん「今度の十五日の大学対抗戦では結果を残したいです!」


僕も対抗戦にでます!
一緒に頑張りましょう!

たなカン「名人戦においてライバルまたはがんばってほしい人はいますか?」

アレンさん「特に誰かの応援をするわけではないですが、打牌のクオリティの高い決勝卓を見たいですね!」

いいコメントありがとうございます!



さて
王位戦は3月11日から準決勝がはじまりました!
名人戦ももうしばらくで準決勝がはじまります!
 
熱い試合をぜひ繰り広げてもらいたいですね!
みなさんがんばってください!!!









王位戦予選中間発表! 足切りの行方は……? 予選トップのインタビューもあるよ?

後ひっかけの洋榎とはうちの師匠やで! 愛宕洋榎の弟子こと、二期生のTHE TEMPESTです!

いやあ、盛り上がって来ましたよ。咲全国編! ついに満を持して我らが憧れ、愛宕洋榎師匠が地上波で大暴れを始めましたね! ……え? 本題に入れって? これが本題に決まってるじゃないですか!

すいません。嘘です。画面閉じないでください。ちゃんとやりますから!

閑話休題。タイトルにもある通り、王位戦の予選40戦のうち、24戦が終了! ここで第一次足切りが行われて、下位2名の敗退が残念ながら決定しました。現在のスコアは以下のようになっています!

王位戦スコア表(24戦時)

優勝予想で2位に入ったバターが敗退するという大波乱が起きてしまいました。ホント麻雀は予測がつかないですね

僕は、まあ、おおむね実力通りの結果ですかねえ?(ドヤ……ごめんなさい調子乗りました。5連トップとっただけの運だけ野郎です。すいません

トップのkatuくんは鋭い鳴きと厳しい押しに加え、リーチをかければ一発ツモという強運を見せつけて大幅なリードを奪いました。日程の都合上、僕はまだ彼との対局がないのですが、彼と対局するときはより一層気を引き締めなければいけなさそうです

さて、準決勝進出は予選の上位8名です。つまり残り16戦でさらに2名足切りされるということです。予選の順位は準決勝でもスコアに反映される(トップは+35pt、2位は+25pt……8位は▲35ptという感じです)ので、僕もスコアをさらに上げていかなきゃいけません。なるべく上位で予選を抜けたいですからね。『うちは負けるつもりで卓についたことなんて過去一度もあらへん』と師匠もおっしゃってることですし、まだトップ狙ってますよ!

ところで、今回はスコア発表だけでなく、予選暫定トップのkatuくんにインタビューも行ってきました! 頂点に立つ麻雀の秘訣を少し教えてもらいましたよ! ではどうぞ!

私「王位戦予選24戦終了し、現在+400の大トップですね。おめでとうございます!」
katu(以下Kと表記)「ありがとうございます」
私「振り返ってみて好調の要因というか、対局に挑むにあたって何か個人的に意識したことはありますか?」
K「多分しばらく麻雀を止めていたことでスタイルに(いい方向の)変化があったからだと思います。でもそれ以上に単純にツイてたからだとw対局で意識してたことは『なるべく押す』ことと『どんな配牌でも和了に向かう』ことの二つです」
私「かなり攻撃的なスタイルですね! では、大会出場者の中で、そのスタイルで対局する相手としてやりづらいと感じた人、あるいは単純に意識している人はいますか?」
K「やはり河合君、たなカン君、THE TEMPEST君、暇田君あたりですね。河合君は平気な顔して無筋のドラを切ってきましたからね……。正直、他の三人とは別の怖さがありましたね。あとの三人は普通に強いので意識していました」
私「なるほど。その4人は残る予選16試合や、準決勝でこれからも対戦する機会があると思いますが、今後の目標をお願いします!」
K「頑張って決勝に残るようにします!」
私「ありがとうございました! これからもさらなる活躍に期待しています!」

以上、katuくんのインタビューでした。手数系守備型雀士の僕にとっては似ている面と似ていない面の両方がありますが、特に「押し」に関しては見習いたいですね。というのも、予選では安定した成績を残しつつより上位を狙うという感じで僕は挑んでいるのですが、準決勝以降の超短期決戦となると話は別。今のスタイルでは2位にはなれてもトップにはなれないような気がしてるんですよね。やはり、勝負所で押し勝つ力が必要な気がします。ここが僕の当面の課題ですね。自分のスタイルを生かしつつ、要所では攻める。これをマスターすればもっと上に行けそうです!

では、今回はこの辺でしめることにしましょうか。今夜は師匠のあの名台詞を聞けますよ! 咲全国編みんな観てね! ついでにmjktのタイトル戦にも注目してくださいね!

王位戦の最有力「暇田」の初戦前夜

こんにちは、mjktのアルバイトをしているものです。

王位戦優勝予想で1位になった、優勝最有力候補の暇田くんにインタビューしました。
現在16戦を終えているプレイヤーもいるなか、未だ対局せず謎のベールに包まれている
彼に現在の心境を聞いてみました!


baito1024: ひまださんこんちわっす

暇田   : こんにちは

baito1024: 今回の王位戦優勝予想で見事1位でした!おめでとうございます!

暇田   : ありがとうございます。嬉しいです。

baito1024: 他にバターくんや、たなカンくん、きれいくんがランクインしましたが彼らをどう見ていますか?

暇田   : ばたーさんの経験の多さはとてもこわいですね。
たなカンくんもきれいくんもmjktに入ってとても伸びた2人なのでいい勝負ができそうでとても楽しみです。

baito1024: 今日は8人の王位戦メンバーの対戦があり、たなカンくんが高得点叩いていましたね。
ひまださんはこれから初戦ですが、実のところ誰をライバル視していますか?

暇田   : 僕はたなカンくんとゴーストHくんをライバル視してます。
普段から結構やられてるので王位戦では借りを返したいですね。

baito1024: 確かに、あの二人は強敵ですね。では最後に、この王位戦を通してどんな麻雀を打ちたいですか?

暇田   : 常に自分の置かれた状況での最善の選択ができるようにしたいです。あとはその時の運に任せます。

baito1024: ありがとうございました!王位戦の活躍期待してます!

暇田   : ありがとうございました。頑張ります!


大雪の影響もあり、明日ようやく初戦を迎える暇田くん。
インタビューから感じるどっしりとしか心構えでがんばってくれることを期待しています!!

名人戦・王位戦開幕! インタビューもあるよ

おはようございます! THE TEMPESTです

ついに本日から名人戦・王位戦タイトルリーグが始まります! これから一カ月、mjkt史上最も長丁場となる大会で、それだけに参加者の意気込みもひとしおです。実は今タイトル戦に先だって、優勝予想アンケートを実施しました。その結果は以下の通りです(都合により上位3名のみの公表とさせていただきます。私は5位だったのでここには残念ながら載りません

名人戦優勝予想
1位:なな☆だま 支持率30%
2位:めきろ・アレン 支持率20%

王位戦優勝予想
1位:暇田 支持率25%
2位:バター 支持率20%
3位:たなカン・きれい 支持率15%

今回はこの中から代表して、名人戦出場者のなな☆だまさん、王位戦出場者のバターにインタビューを行いました。二人の熱い意気込みを聞けましたよ! なな☆だまさん、バターの順に掲載しますね

―なな☆だまさんのインタビュー―
私「インタビューよろしくお願いします」
なな☆だまさん(以下、なと表記)「よろしくお願いします」
私「最初に、優勝予想アンケートで1位でしたね。おめでとうございます」
な「ありがとうございます。部員の皆から期待されている証として受け止めます」
私「では次に、ご自身の今タイトル戦にかける意気込みをお願いします」
な「麻雀と真剣に向き合って勝ち得た『強さ』が売りのmjkt。その代表を務めてる以上、強さをもってタイトルを頂くことは義務ですらあると考えています」
私「自信あり、という感じですね。先ほど触れましたが、アンケート1位ということはそれだけ他の出場者にマークされている証拠だとも思いますが、どうお考えですか?」
な「(自分の打ち筋が)比較的シンプルな手組と押し引きなため、名人戦参加者には打ち筋を理解されているようです。打ち筋を読まれ、不利になることもありますが、それをはねのけるだけの打牌をします。マークも恐れるに足らずです」
私「なるほど。では逆に、他の出場者で意識している相手はいますか?」
な「名人戦参加者はmjktの中でも最強の10人を集めたといっても過言ではなく、全員が注目選手と言ってよいでしょう。その中でも、前代表で大会優勝経験もあり、ここぞの大一番に強い神芝居、参加者の動向を理解し繊細な読みで勝負してくるロマネスク、鋭い押しと鳴きでひたすらトップをかっさらう中西に注目しています」
私「その中西さんとは明日対局しますが、それをふまえて明日のスコア目標をお願いします」
な「明日は午後4半荘の参加ですが、毎節着順2-1-1-0で、60ポイント以上稼げればかなり良いかな? と思います」
私「ありがとうございました。名人戦での活躍を期待しています」
な「ありがとうございました。期待に応えてみせます」


―バターのインタビュー―
私「インタビューよろしくお願いします」
バター(以下、バと表記)「はーい」
私「優勝予想アンケートで2位でしたね。おめでとうございます」
バ「ありがとうございます。たくさんの人に支持してもらい、とてもうれしいです」
私「では、次にご自身の今タイトル戦にかける意気込みをお願いします」
バ「私は将来、このmjktを『背負う』人間になります。そのためにはmjktで最強でなければなりません。麻雀は多少なりとも運要素が含まれますが、不確定要素に関係なく全員を『実力』でねじ伏せて、まずは『1つ目』のタイトルを取っていきたいと思います」
私「強気ですね。先ほど触れましたが、アンケート2位ということはそれだけ他の出場者にマークされている証拠だとも思いますが、どうお考えですか?」
バ「私は不器用で対策を立てられないので、いつも通り打っていきたいと思います!」
私「では逆に、他の出場者で意識している相手はいますか?」
バ「カチワリくんですね。あの人は色々なスター選手と同じく『持ってる』人です。同卓してて恐怖を覚える事もありますね笑。王位戦ではあまりマークされてませんが、私は彼を『最強の二期生』だと思っています。『牌に愛された子』と私は呼んでいますが本当に神様がついているんじゃないか? と疑う時もあります」
私「ずいぶん警戒していますね。そのカチワリくんとは明日8試合対局がありますが、それをふまえて明日のスコア目標をお願いします!」
バ「カチワリくんも手強いですがその他の人も一筋縄では行かないので気を抜かないで行きたいです。スコア+150叩ければイイなと思っています」
私「ありがとうございました。王位戦でのご活躍を期待しています!」
バ「お疲れ様でした」

以上、二人のインタビューでした。これからも当ブログでスコア・注目選手のインタビューなどを掲載する予定ですので、引き続きチェックよろしくお願いします!

名人戦・王位戦参加者紹介

こんにちは。二期生のTHE TEMPEST です。
名人戦・王位戦も開催まであと一週間を切りました。いやー、早くサンコロしたいですね←
さて、今回は名人戦・王位戦の出場者を紹介させていただきます! 名人戦参加者の方は前に神芝居さんが紹介していたのでそれを再掲しました。王位戦参加者は新しく私が書きますね。では、紹介行きます! 

名人戦(10名
神芝居:
mjktを作った初代代表。リーチが来ても無視して牌効率に従って打つスタイルは誰にも真似できない。
なな☆だま:
現mjkt代表。正確な押し引きとスピード重視の面前型でスタンダードなスタイル。なにかと高打点を連発する。昨年行われたリーグ戦決勝では圧巻の三連勝で最短優勝を決めた。
めきろ:
鳴き派から面前派へと進化を遂げた新めきろ。相手への対応を重視した変幻自在のトリックスター。他家の動向が重要になるリーグ戦ではその対応の鋭さの本領が発揮される。
ひろ:
mjkt随一の変則打法の使い手。序盤の段階で手を見極め、中終盤での勝負強さが異常。普通の牌効率からはかなりぶらしているにも関わらず成績も抜群である。
せんしゅ:
手数もアガリ率もピカ一のスピードスター。神芝居、めきろ、ひろがあまり鳴かなくなったため、名人戦で最もフーロするのはこの人であろう。鋭い攻めと手数の多さで優勝まで一直線でアガリ抜く。
破片:
正統派守備型雀士。mjktで最も天鳳の成績を出している(三麻十段)にも関わらず天鳳の話をすると怒り出す変わり者。唯一無二の押し引きと正確な牌効率とフーロを駆使する優勝候補筆頭。
ロマネスク:
人気0コメ生主。mjktで最も天鳳を打っている。正確な読みと勝負どころを見極めた押しを武器に昨年度mjktフリースタイル年間一位に輝く。
アレン:
リア麻もネト麻も圧倒的な成績を残しmjkt最強の呼び声が高い守備型読み派の鉄人。三麻鳳凰卓が出来たときはアレンとヒモリロ氏で成立していたほどの古豪でもある。
つっちー:
リーチ主体の攻撃型麻雀戦闘民族。mjkt内で最も雀ゴロに近い人間で、リア麻の成績が抜群。メンタルが強く平気な顔で高打点を押しきってくるため、タイトル戦で当たりたくないプレイヤーとして恐れられている。
中西:
アガリ率重視&超絶押しによりとにかく手数を出してくる実戦型麻雀サイボーグ。相手の攻めをかわして潰してトップをかっさらう見事な打ち筋で優勝待ったなし。

王位戦(12名)
THE TEMPEST:
ただ、王位戦のタイトルだけを目指して、目下、新スタイルを模索中。副代表に恥じない成績を残すべく、王位戦に挑む。
きれい:
mjkt春季活動で最多対局数のタイトルを獲得し、将来のmjktを担う男の一人。人柄の現れた純粋な打ち筋が上級生に好評で、優勝予想の上位にランクインした。その期待に応えるべく優勝を目指す。
ゴーストH:
mjktで麻雀を本格的に始め、色々な打ち手の先輩に師事した結果、二期生で最もオーソドックスな打ち手へと成長した。上達意欲も高く、タイトル戦でも一戦ごとに成長して頂きを目指す。
たなカン:
二期生の中では、mjktに入って最も成長したと言われている男。サンマで鍛えた押し引きが光り、かなり慎重な打ち筋だがここぞというときは一気に攻めてトップに立つ。
jyukk:
さとりんとお風呂に入り隊隊長。なな☆だまさんが初期から目をつけていたほどの実力を持ち、新人戦では4位と活躍した。王位戦で優勝してタイトルをさとりんに捧げる。
暇田:
天鳳高段者の麻雀オフ会やmjktセットでメキメキと力をつけ、様々なスタイルを習得した。その引き出しの多さが最大の武器でmjkt最強クラスに君臨する麻雀の鬼。
バター:
麻雀の経験値は二期生随一で、今大会の優勝候補筆頭。数々の大会に参加し勝利と敗北を糧に経験値を蓄えた。勝負を知る男の天秤は、今回はどちらに揺れるか。
河合:
二期生では希少種である変則的な打ち手。流れに従う打牌で対局者を完全に振り回し、高打点を直撃してメンタルブレイクする。
カチワリ:
mjkt昨年度流行語大賞「ハーキレソ」の使い手。かなりの攻撃型でハマると大爆発する。All or Nothingでトップを狙う。
katu:
mjktを代表する奇人。二期生で数少ない特上民であり、確かな押し引き感覚を持っている。天鳳仕込みの鳴きでホーラを積み重ねる。
バイト1024号:
mjktの誇る必殺仕事人。曲がったことが嫌いで麻雀の打ち筋もまっすぐだが、リーチ宣言牌だけは曲げる。一期生としての誇りを胸に、王位戦での優勝を狙う。
眠狂三郎:
mjktの重鎮。世間の荒波を潜り抜けてきた経験値を武器に、タイトル戦に名乗りを上げた。老練な打ち筋と常にたたえる穏やかな表情で、他家に手を読ませない。

以上、総勢22名の紹介をさせていただきました! この中から勝者となれるのはたった2名。誰が栄冠に輝くのか、続報をお待ちあれ!
プロフィール

牌に魅せられたmjkt部員たち

Author:牌に魅せられたmjkt部員たち
2012年4月設立。日吉の雀荘4つ葉くらぶを主な活動場所として、週二回活動を行う。他に麻雀講習会、サークル内大会、他大学団体との交流戦、合宿などを行う。活動中は飲酒•喫煙•賭博禁止が絶対のルール。
通称mjkt(MahJong Kenkyuu Teamの略)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter公式アカウント
放銃回数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。